Make your own free website on Tripod.com

常連は、どうコメントしたのか?(3)


『がんばれ公明党』で非常連が、靖国神社に言及しました。それに対する常連のコメントのチェックです。

靖国神社=国家神道=ファシズム=ファシスト小泉

イワッシャル・タイムズ「靖国神社は、明治政府が、富国強兵のために、神社統令を出し神社の森の森林伐採を推し進め、国家の戦死者のために招魂社を作り、後に当時の神社の反対を押し切って靖国神社、護国神社を古来の伝統的神社の上位に位置づけた。
国家が、新宗教をつくり、宗教を露骨な形で政策手段として利用した例なのだ。国家による宗教的暴挙であり、言うまでもなく、仏教界に対しては妻帯を許すなど宗教界の国家支配を推し進めていったのである。
靖国神社とは、古来の神道ではなく、古来の神道を国家神道として統合しようとした近代国家によって作られた象徴的神社だということである。
日本のファシズム、国家主義、軍国主義の精神的支柱であった」

おやおや、また………@(私)のパクリですね(笑) もっとも………@(私)は、古神道と国家神道を区別し、古神道としての靖国神社参拝を支持するものです。しかしイワッシャル・タイムズ氏は、あくまでも靖国神社を国家神道にしておきたいようです。それと明治政府の仏教改革(妻帯などの許可)批判は、断言居士と言われた法相宗の橋本凝胤師の言です

ところで現在の靖国神社が、一宗教法人に過ぎないってことを理解しているのでしょうか? 過去を重視するなら、バチカンは否定しなければなりませんし(十字軍の遠征)、創価学会も否定しなければなりません(盗聴事件)。

イワッシャル・タイムズ「また、わが市のある山の頂上の公園に「戦没者慰霊の塔」が建てられています。八幡神社の場合は戦死者を祭っているのではありませんが、わが市の市長さんが、八幡神社に戦没者が祭られているからといって八幡神社を参拝するようなものではないでしょうか。どこかおかしいのです。全市民が参拝するでしょうか。
日本では、「戦没者慰霊の施設」と「宗教信仰者の施設」が一体化されているのです。日本には、国家レベルの純粋な戦没者慰霊施設がないのです」

笑うところなんでしょうか? 戦後、宗教分離を掲げて、国家神道を否定したから、国家レベルの戦没慰霊施設が無くなったのです。そして八幡神社には八幡神が奉られており、八幡神=八幡菩薩です。すなわち日蓮が調伏し帰依せしめた法華経を守護する八幡大菩薩が奉られているのです。八幡神社を参拝することの是非は、果たしてどうなのでしょうか?

おじさん「戦死者の霊魂が靖國神社に帰っているなどということを信じている人はどれだけいるのでしょうか。靖國神社の前身は,江戸幕府を倒すために戦った官軍の戦死者を祀るために建てられた東京招魂社です。それが,大日本帝国の陸海軍の戦死者も祀る靖國神社になったのですが,他の神社と異なり,靖國神社は陸海軍の共同管轄下にあって,全国各地の護国神社の元締めとして国家神道・国家主義・軍国主義を支えたのです。すなわち,靖國神社は,明確に軍隊のための神社として存在していたのです。
創価学会の初代牧口会長が獄死したのは,国家主義・軍国主義が日本全体を支配し,その国策に創価学会が従わなかったからです。戸田二代会長が国家主義に対し,どれほど痛憤の思いを懐かれていたことか。ですから,学会員にとっては,靖國神社は仇です。霊魂が靖國神社に宿るということもありえません。追善回向によって霊鷲山に行くのです。そしてまた,現世に生まれているかもしれません」

これまた的外れな意見です(笑) 神道信者なら「戦死者の霊魂が靖國神社に帰っている」と信じています(創価学会員が功徳があるというのと同じです)。また創価学会の仇は、国家神道であって靖国神社ではありません。何故なら、靖国神社もまた国家神道の犠牲者だからです。


『公明党』応援『がんばれ「公明党」』ファンサイト